タイトル【 崖っぷちからWebObjects】第1回カテゴリーWebObjects, 崖っぷちからWebObjects
作成日2000/7/17 13:10:6作成者森下克徳
/-/-/-/2月某日/-/-/-/

「あのなァ。君に、辞めてもらお思って・・・。」
「ぶっふぇっっっ・・・・。 (¨;)」

その日は朝から寝込んでいた。その2日前の某スクリプトUGの関西オフに参加した時に、すでにがヘンで、これはと思ったら、やっぱり次の日から寝込んでしまった。しかも、二日たってもまだ熱は引かなかった。

当然、会社は休んだわけだが、寝込んで2日目の昼、社長が突然訪ねて来た。従業員7人ほどの小さな会社だが、今まで寝込んだ時に社長が見舞いにくるなんてことはなかった。珍しい事もあるもんだなァ・・・。そう思ってドアを開けると、社長は開口一番、冒頭の言葉を言ったのだ。

「今日までの分、もう計算して持って来たから、給料。退職金はまだやけど。」
「はぁ・・・・。 (¨;)」

タダでさえ、頭は熱でオーバーヒートしているのに、ていねいなお見舞いの言葉にまったく思考能力はなくなっている。まるで、マウスポインタは動くけど、どこもクリックでけへんやん状態である。それでも、おぼろげながら事態が飲み込めて来た。つまり、リストラされたんである。

んがぁ!リストラやぁ〜 (¨;)
爆弾マークが出た・・・・・。
こうして私は、突然、世間の荒波に放り出されたのだ。

しかし、捨てる神あれば拾う神ありというが、こんな私を救ってくれた(というか、救ってくれるであろう、いや、救ってね、救って下さい、どうかお助けをぉぉぉぉぉぉ)のが、何あろう、Mac OS X Server 1.2と、WebObjectsなのである。

このコラムは、崖っぷちリストラ男が、いかにしてWebObjectsで糊口を満たそうとしているのか、愛と感動と涙のズンドコを、しかも現在進行中のありのままをお伝えするものである。Macについては造詣の深い(と自己暗示をかけている)私も、WebObjectsに関してはまったくの白紙状態で取り組んでいると言うわけなので、このコラムを通して、みなさんと一緒に学んでいければうれしいな、と思っている。っ、と言うより、みなさん一緒に学びましょう、いや、学んで下さい、というか、お助け下され、もう失業保険もきれちゃった・・・。というわけだ。(^。^;)

まあ、自分でちゃかして書いちゃってるけど、ホントのところはかなり不安も大きい。ホントにこれで生きていけるのか・・・・。でもその分、内容は真剣なんである。
[森下克徳]
関連リンク